ついに禁煙を始めてから10ヶ月

ついに禁煙を始めてから10ヶ月が経った。

昨年末に禁煙を決意してから、文字通り一本も吸っていない。今では隣でタバコを吸っている人がいても何とも思わなくなったので、もう完全に止められたようだ。結局、喫煙が習慣になっていただけなんだよな、とつくづく思う。人間は習慣の動物であり、同じことを繰り返すことが得意だ。慣れると簡単な作業は無意識のうちにできるようになるし、とことん極めれば人間国宝のように神業的な作業をすることだってできる。それだけに、日頃から慣れ親しんでいるソフトウェアやサービスを別のものに乗り換えてもらうことは難しい。よっぽどのアピールポイントがなければ… 

最近始まった携帯電話のナンバーポータビリティ・サービス、世間で言われているよりも利用する人は少ないのではないかと僕は思っている。何でキャリアを変えないのかと聞くと、「電話番号が変わるから」と答えていた人達が前はけっこういた。でも、本当の理由はもっと別のところにあるんじゃないのかな。

というわけで、今週は「イメージアップ週間」&「素直に表現する週間」です。

関連エントリ

フレデリック・バック『木を植えた男』

中学生か高校生くらいの時に見た短編アニメーションを突然思い出した。無性に見たくなってYouTubeで探したけど、みつからなかった。今見ても、あの頃のように純粋な気持ちで感動できるだろうか… (9月28日のエントリ)
欲しかったDVDは既に廃盤になっていたんだけど、オークションで中古品が出品されていたのを発見して購入。ワクワクしながら観てみた。

前に観たのは10年以上前なので、さすがに感動する場面や印象に残るシーンは微妙に違うんだけど、一人の人間がひたむきに自然と関わっていく姿に心打たれるのは今も同じ。生きることの意味、本当の幸福の意味について考えさせられるストーリーだった。主人公の友人がポツリと言う「あの老人は幸福でいられる最高の方法を見つけ出したんだ」という台詞が今も心に響いている。きっと、それはお金では買えないし、自分の欲を満たすだけのものではない何かなんだろう。今はまだ分からないけど、自分にもきっとそういうものが見つかるはず。最近、学生時代からの女の子友達の間でちょっとしたベビーブームなんだけど、会うとみんな本当に幸せそうに見える。赤ちゃんは、きっと最高の幸せの一つなんだろうなぁ。

と、ちょっと話がずれたけど、やっぱりフレデリック・バックのアニメーションは自分の好み。こういうのをいっぱい観たいし、いろんな人と共感したいと思う今日この頃。


【2005/10/16追記】
フレデリック・バック作品コレクションというのが発売されているそうです。
2005/4/1発売 240分 ¥11,340(税込)

自然に対する愛情と繊細に溢れた作品を作り続けるアニメーション作家、フレデリック・バックの作品を収録したDVD-BOX。代表作である「木を植えた男」を含む9作品を収録。