MacBookのファームウェア・パスワードを解除する

知り合いが、MacBookのファームウェア・パスワードを忘れてしまって起動できないと相談に来ました。試しに起動してみると、たしかに下のような画面が表示されて起動できません。

アップルのサイトによると、Open Firmware Password Protection はインストールディスクの /Applications/Utilities/ に収録されていて次のように各種操作が無効になるらしい。

Intel ベースの Macintosh で Open Firmware Password Protection をオンにすると、次のように動作します。
  • 「C」キーを使って CD-ROM ディスクから起動する機能を無効にします。
  • 「N」キーを使って NetBoot サーバから起動する機能を無効にします。
  • 「T」キーを使って (この機能を利用できるコンピュータ上で) ターゲットディスクモードで起動する機能を無効にします。
  • 「D」キーを使ってインストール DVD の Diagnostic ボリュームから起動する機能を無効にします。
  • 起動時に「command」キーと「S」キーを同時に押してシングルユーザモードで起動する機能を無効にします。
  • 起動時に「command」、「option」、「P」、「R」の各キーを同時に押してパラメタ RAM (PRAM) をリセットする機能を無効にします。
  • 起動時に「option」キーを押して「Startup Manager」にアクセスするときにパスワードを要求します。

パスワードが分からないので、本当にDVDからのブートもPRAMクリアさえもできない…
なかなか手強いなぁと思いつつ、しばらく格闘し続けること数十分、最終的に以下の方法でリセットすることができました。

  1. メモリを1枚抜いて、メモリ搭載量を変更する。
  2. 「command」、「option」、「P」、「R」の各キーを同時に押して起動する。
  3. ずっと押しっぱなしにしていると、画面が黒くなって再起動する。
    これを3回繰り返す(この間ずっと押しっぱなし)。

メモリの搭載量を変えるところがポイントみたいで、今回は2枚刺さってたので1枚抜いたらOKでした。1枚しか刺さっていない場合は、別途メモリを追加する必要があるようです。
ついでにHDDも容量の大きい物に交換して作業完了。問題なく動作してるようでホッとしました。というわけで、今回の教訓は、「BIOS(EFI)パスワードをかけたくらいで安心してはいけません」ということ。

# ちなみにThinkPadは専用のセキュリティチップを積んでいてもっと手強いんだけど、マザーボードの配線をショートさせるとリセットできるらしい(危険)。

松本に思いを寄せる

今回、PyDevCampが開催された長野県松本市は10年くらい前に行ったことがあったのですが、こんな良い所だとは知りませんでした。駅前こそPARCOとかのビルが建ち並ぶ一般的な都市なんですが、松本城の近くは日本の伝統的な街並みが保存されていて、良い雰囲気を醸し出していました。ホテルのロビーに「信州に移り住む」みたいな雑誌が置いてあったのですが、それも悪くないかもと思ってしまいました。

Building and car
Matsumoto Castle, Japan  Entrance of Matsumoto Castle  a dog, he is free  Matsumoto, the castle town  Nawate do-ri  kanamono