Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope と NVIDIA ドライバ

Merry Christmas!

メインで使っているデスクトップPCを Ubuntu 9.04 (Jaunty Jackalope) にアップグレードしました。Jackalope は、来年4月にリリースが予定されている Ubuntu の次期安定バージョンです。アップグレード自体は、"update-manager -d"するだけなので超簡単なんですが、X server が1.6というアグレッシブなバージョンなので、NVIDIAのプロプライエタリなドライバが動きません(そうドキュメントに書いてあった)。なので、オープンソース版の nv やら nouveau というドライバをインストールしてしばらく使っていたのですが、Compositeの機能が使えなかったりしてとても残念な感じでした。そこで、ダメ元でNVIDIAのβ版ドライバを入れてみたら動作したので、ここに記録を残しておきます。

NVIDIAのFTPサーバ (32bit)からドライバ(現時点で最新は180.18)をダウンロードします。pkg0,pkg1,pkg2とあるのはコンパイル済みのモジュールが含まれているかどうかなのでpkg0でおk。

% sudo /bin/bash NVIDIA-Linux-x86_64-180.18-pkg0.run

ここで、dash とか zsh だとエラーになる場合があるので、bash で実行します。インストールが完了したら再起動するのですが、残念ながらそのままでは次のようなエラーが表示されて起動しません。

(EE) NVIDIA(0): This video driver ABI is not supported.
(EE) NVIDIA(0): Use the -ignoreABI option to override this check.

素直に指示に従って X 起動時のオプションに -ignoreABI オプションを付け加えます。私の場合は、gdm経由でログインしているので、 /etc/gdm/gdm.conf を書き換えます(太字の部分を追加)。

[server-Standard]
name=Standard server
command=/usr/X11R6/bin/X -br -audit 0 -ignoreABI
flexible=true

この Ubuntu 9.04 なんですが、動作が軽快でかなり気に入っています。 Ubuntu Community にシャトルワース氏が投稿したメールにもあるように、起動/レジューム時間の短縮が目標に掲げられているようです。

There are some specific goals that we need to meet in Jaunty. One of them is boot time. We want Ubuntu to boot as fast as possible - both in the standard case, and especially when it is being tailored to a specific device. The Jackalope is known for being so fast that it's extremely hard to catch, and breeds only when lightning flashes. Let's see if we can make booting or resuming Ubuntu blindingly quick.
Introducing the Jaunty Jackalope by Mark Shuttleworth

また、まだ実装はされていないようですが、Growlっぽい機能も標準で付くようで今から非常に楽しみです。


(追記)
Ubuntu に愛ちゃん愛ちゃんは付いてきません。(正式に公開されたようでリンクを変更)

Google Blogで紹介して頂きました

先日、Google 東京オフィスで開催された OpenSocial 1周年記念イベントの様子が Google Japan のブログと Asia Pacific 向けのブログで公開されています。

Chris さんに gumi Platform の説明をしたら、とても興味を持ってもらえたようで図入り写真付きで大きく取り上げていただきました。ありがとうございます!少し補足しておくと、Google App Engine については、アプリケーションのホスティング環境として使える&使っているということで、Platform 自体が App Engine 上で動いているという意味ではないので誤解なきようお願いします。(Chris さんにはちゃんと伝わっているはず…)

海外の Facebook や MySpace, hi5, Orkut 等のソーシャル・プラットフォームの盛り上がりに対して、日本ではまだまだこれからの分野ですが、来年にはmixiアプリも始まってかなり面白いことになりそうです。よういちろうさんのOpenSocial本も発売されるようで今から楽しみです。

Google Friend Connectが利用可能になりました

Google Friend Connectが利用可能になったので、さっそくブログ右側に設置してみました。

Google Friend Connectとは何かというと、あらゆるWebサイトをSNS化してしまおうという試みです。以前からMyBlogLogがこのようなサービスを行っていましたが、決定的な違いは既存のSNSの友達関係を使って友人を招待したり、同じサイトの利用者+友人というフィルタをかけたりできることです。今のところ、ソーシャルグラフとしては、Google Talk, Orkut, Plaxoだけが利用可能なようですが、これから対応SNSはさらに増えてくるものと思われます。当然のように、これに対してFacebookはFacebook Connectという機能を開始しています。

先日、mixiが来年から招待制をやめるという話がありましたが、このような世界的なSNSオープン化の動きを見据えてのことだと考えておけば納得がいくのではないでしょうか。SNSに関してもガラパゴス化しつつある昨今の日本の状況ですが、来年はOpenSocial元年にしたいところです。