俺の文具:ES DIARY 2017 ウィークリーノート

昨年末、実に十数年ぶりに紙の手帳を購入した。「ES DIARY 2017 ウィークリーノート」という手帳だ。

僕が中学生の時に「パソコンサンデー」というテレビ番組で小倉なんとかというキャスターがその当時はまだ珍しかったシステム手帳を紹介していて、6穴リフィルのシステム手帳がどうしても欲しくなり、お小遣いを貯めて買ったのが初めての手帳だ。本革のような高価なものではなく、人工の革だった気がするが、大人の仲間入りをしたように思えて嬉しかったのを覚えている。しかし、中学生の少年に手帳に書き込む予定がそんなにあるはずもなく、その手帳はだんだん使わなくなった。

その後、社会人になって書き込む予定ができた頃には、Palm PilotやCLIEといったPDAが登場し、スケジュール管理はコンピュータに任せるようになった。最近ではクラウドとモバイルネットワークの発達によって、Google Calendarに登録しておけば、PCやスマホでいつでもどこでも予定を確認できる。また、リマインダを設定しておけば、優秀な個人秘書のごとく時間になったことを教えてくれる。そんな状態に慣れてしまった今では、「ポケットひとつの原則」が自分のモットーになり、すべてのデバイスが自動で同期している状態でないと安心できなくなってしまった。

コンピュータと紙の手帳を同時に使うと、どうしてもデータを二重に管理することになり、一方に記入したものが一方には反映されていないといった問題が生じる。スマホ全盛の現代において、もう紙の手帳の出番はないように思える。しかしながら、毎年年末に近所の書店や渋谷ロフトに行くと大量の手帳が売られている。昨今の手帳人気の草分けとでもいうべき「ほぼ日手帳」は、発売16年目の今年、販売部数が61万部を超えたそうだ。またビジネス系の雑誌でも定期的に手帳の特集が組まれている。紙の手帳が売れていることは間違いないようだが、「今年は頑張るぞ!」と新年に意気込んで、最初だけでどうせすぐに使われなくなっているんだろうというのが僕の考えだ。ちょうどブームのダイエット器具を買ってはみたものの、目的を達成されないまま粗大ゴミ行きとなるように。


そんな僕が再び紙の手帳を使うなんて一生無いだろうと思っていたのだけれど、「ES DIARY 2017 ウィークリーノート」に出会ったことで考え方が変わった。他の手帳との違いは、ページを一目見てもらえばわかると思う。手帳なのにスケジュールを記入する欄がほとんどない。

特徴を簡単にまとめると以下のようになる。

  • 週間見開きレイアウト
  • スケジュール欄は最小限
  • ページの大部分が方眼メモスペース
  • ToDoリストを記入するスペース
  • B6かA5かA6と持ち運びやすいサイズ

このウィークリーノート形式は2017年から追加になったもので、予定を記入する欄が極端に少なくて、ページの7割以上が方眼ノートになっている。また右端にはToDoリストのためのエリアが用意されている。このレイアウトがコンピュータで予定とToDoリストを管理している自分にはとても都合が良い。僕の使い方はこんな感じだ。

  • カレンダー欄には、大切な締め切りのみ記入。会議やルーチン的な予定は記入しない。
  • 週の初めに今週やるべき重要タスクを棚卸し、ToDoリスト欄に記入。
  • 方眼メモスペースは、普通のノートのように自由に使う。タスクをこなしていく上での気づきやアイデア、読んだ本や記事で印象に残った文章をメモする等。

要するに、紙の手帳を一般的なスケジュール管理の用途ではなく、「緊急であり重要」および「緊急ではないが重要」な事項にフォーカスし、考えをクリアにするための補助ツールとして使っているということだ。

実は、今までも方眼ノートで同じような使い方をしていたのだけれど、このES DIARYにしたことで、ページが明確に週単位で分かれているので後から振り返りやすくなった。また、方眼ノートだとどうしても使い捨てのメモ的になってしまうところ、後から参照することを考慮して少し丁寧に書くようになった。


(商品包装に記載されていた使用例)

というわけで、このウィークリーノート形式がもっと流行って欲しいので、この記事を書いた。僕が使っているネイビーのB6サイズはAmazonでは既に売り切れのようだが、楽天ブックスではまだ売っているようなので、欲しいと思った人は早めに購入したほうがいいかもしれない。


2017/02/06追記:
購入する際に最後まで迷ったのがこちらの「こと録手帖」。レイアウトはES DIARYとほぼ同じで使い勝手はよさそう。ただし、実際に店頭で手に取ってみたところ、値段がほぼ一緒なのに表紙の質感がビニールっぽくて残念だったので、ES DIARYにした。

関連リンク:
俺の文具:ロットリング・トリオペンとJETSTREAM 4C