corega の USB シリアルケーブルを Mac OS X でも使えるようにする

最近、自分が関わっている某プロジェクトで使うために、USBシリアルケーブルを買ってきました。ヨドバシカメラで一番安かった corega の CG-USBRS232R という製品なんですが、家に帰ってきてから Mac に対応してないことに気づきました…

というわけで、以下 Mac でも使えるようにしたのでメモ。

調べてみると、この製品は Prolific 社の PL2303 というチップが使われていることが分かりました。幸いなことに OS X 用のドライバを公開してくれているので、下記のドライバを試してみました。

md_PL2303_MacOSX10.6_dmg_v1.4.0.zip

解凍してインストールしましたが、当然ながらチップが同じだけで日本メーカーのものは認識してくれません。

これを認識させるには、
/System/Library/Extensions/ProlificUsbSerial.kext/Contents/Info.plist
を編集して、以下の記述を追加します。

<key>07aa_002a</key>
<dict>
        <key>CFBundleIdentifier</key>
        <string>com.prolific.driver.PL2303</string>
        <key>IOClass</key>
        <string>com_prolific_driver_PL2303</string>
        <key>IOProviderClass</key>
        <string>IOUSBInterface</string>
        <key>bConfigurationValue</key>
        <integer>1</integer>
        <key>bInterfaceNumber</key>
        <integer>0</integer>
        <key>idProduct</key>
        <integer>42</integer>
        <key>idVendor</key>
        <integer>1962</integer>
</dict>
次に kext キャッシュを削除するために以下のコマンドを実行して再起動。
sudo touch /System/Library/Extensions

USBシリアルケーブルを挿すと無事、目的のブツに繋がるようになりました。

% screen /dev/tty.usbserial 115200

Texas Instruments X-Loader 1.4.4ss (Mar  8 2011 - 08:51:11)
Beagle xM
Reading boot sector
Loading u-boot.bin from mmc


U-Boot 2010.03 (Feb 20 2011 - 20:15:58)

OMAP3630/3730-GP ES2.1, CPU-OPP2, L3-165MHz, 
OMAP3 Beagle board + LPDDR/NAND
I2C:   ready
DRAM:  512 MB
NAND:  0 MiB


このエントリーのはてなブックマーク (-)