Google Developer Day 2009 と Android G2

Google Developer Day 2009

先日、パシフィコ横浜で開催された Google Developer Day に参加してきました。仕事の関係で午前中の基調講演しか聞くことができなかったのですが、Chrome、Android、OpenSocial そして話題の Wave など Google が擁するプロダクトについての話を聞くことができました。

しかし何と言っても今回一番の収穫はこれです。

Android G2 (HTC Magic)

近々ドコモから発売予定の Android 端末「HTC Magic」!!これをGDD参加者全員に配るというサプライズがありました。先だってサンフランシスコで開催された Google I/O でも配布されたのですが、あちらは参加費が $400 もします。無料のこのイベントで、ちゃんとTELECを通過した発売前の端末を専用カスタマイズして配るとは驚きました。
自分は今まで、エミュレータと Zaurus にインストールした Android しか触ったことがなかったのですが、やっぱり実機があるとないとでは雲泥の差ですね。少し使ってみて、Android がかなり気に入ってしまいました。

アプリを起動する度にいちいち待たされる iPhone と違って動作は軽快です。また、バックグラウンドでアプリケーションを動かせるので、例えば twitter アプリで自分宛ての tweet や direct message が届いた時だけブルブルと震えて通知することができます。ここ数日は、実際にそういう設定をして使っているわけですが、これはちょっとした革命ではないかと思います。

不満点を挙げるとすると、マルチタッチ機能がないのでピンチ操作で拡大したりとかができないのと、現時点で日本からは有料アプリが買えないことでしょうか。なので無料アプリしか試していませんが、まだ個々のアプリケーションのクオリティが低いものが多いです。同じ目的のソフトウェアが3種類くらいは出てこないとなかなか切磋琢磨して機能向上とはいかないですね。

しかしそこはオープンなプラットフォームなので、無いものは自分たちで作ればよいわけです。先週の金曜日には、さっそく社内の有志で会議室に集まって Android プチ開発合宿を行ってしまいました。Android Scripting Engine を使うと Python からハードウェア機能にアクセスできたりして、かなり楽しいです。このあたりは後ほど、別のエントリとしてまとめますが、位置情報の取得も数行書くだけでできちゃいます。

今まで Eclipse をインストールするのをためらってたくらいなのに開発を始めちゃうなんて、僕らは Google の思惑通りですよ。> 及川さん



このエントリーのはてなブックマーク (-)