プログラミング時に最適なフォント「Inconsolata」

最近、プログラミング時に使うフォントを Inconsolata に切り替えました。自分は、これに日本語フォントとして Takaoゴシック を組み合わせているのですが、この2つが相性抜群でとても見やすいです。"Top 10 Programming Fonts"という記事(日本語訳)の中でも見事に第1位として紹介されています。

どちらのフォントもフリーで使えて、Ubuntu なら標準でパッケージがあるので簡単にインストールできます。

% aptitude install ttf-inconsolata ttf-takao

Ubuntu 以外の OS の場合は、こちらからフォントを直接ダウンロードできます。
(なぜかGoogle font directoryにはTTFファイルがある)

自分は X 上の Emacs 23 でコードを書いていることが多いのですが、実際の見た目はこんな感じです。

設定例:

(set-default-font "Inconsolata-11")
(set-face-font 'variable-pitch "Inconsolata-11")
(set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
                  'japanese-jisx0208
                  '("Takaoゴシック" . "unicode-bmp")
)

2 Comments so far »

  1.  

    cocoatomo said

    on 2010-12-04 9:17 a.m.

    設定例のところ, 最後閉じ括弧が 1 つ多いですよ.
    そのままコピペしたら失敗しました.

    フォントはすごく綺麗で快適に文章書いています. ありがとうございます.

  2.  

    weboo said

    on 2011-03-19 8:07 p.m.

    cocoatomoさん

    ありがとうございます。修正させて頂きましたm(__)m


このエントリーのはてなブックマーク (-)