[Swiss Day 3]マッターホルン・モルゲンロート


今日は、5時前に起床してホテルの部屋を抜け出す。マッターホルンの先端がモルゲンロート(朝焼け)で赤く光るのを見るためだ。5分ほど歩いて、撮影スポットの橋に到着。そこには中国人が一人いるだけだった。空は雲ひとつなくて条件は最高。とりあえず良さげな場所を確保して待つことに。

しばらくすると、少しずつ人が集まり始める。日本人ツアーの団体もやってきて、なかなかの賑わいぶり。でも、不思議なことに日本/中国/韓国の人しかいない。初日の出とかに興味を持つのは我々だけの文化ということか。

Tシャツ短パン姿で行ったので、かなり寒かった。もう我慢の限界だと思い始めた頃にマッターホルンの先端が赤くなり始めた。みるみるうちに赤い部分が増えていき、とても綺麗な姿を拝むことができた。マッターホルンの周りに雲がなくても、太陽との間に雲があれば見れないわけで、これはかなり運がいいのかもしれない。

それにしてもマッターホルンの圧倒的な存在感は凄いよ。標高4478m、これに登ろうとする奴は、やっぱり頭のネジが何本か外れているに違いない。

■写真は適宜こちらにアップしていきます。
http://www.flickr.com/photos/weboo/sets/72157594205271449/


このエントリーのはてなブックマーク (-)