ケータイ向け OpenSocial プラットフォーム「gumi Platform」

先日、モバイルSNS「gumi」が日本初となる携帯電話向けOpenSocialプラットフォームをリリースしました。実は、私もOpenSocialエンジン部分の開発に企画段階から関わっています。もともと gumi は、id:perezvon が Django で構築したサイトで、 OpenSocial エンジンの部分も Python で書いています。今回リリースされた gumi Platform の特徴としてはこんな感じです。

  • RESTful API ベースで JavaScript および IFRAME は使用しない(というか使えない)
  • APIへのアクセス制御には OAuth を採用
  • Viewer, Owner, Friends 情報を利用してソーシャル・アプリケーションを構築可能
  • 文字コードは UTF-8 を使用
  • 絵文字はドコモのUnicodeテキスト形式で記述し、他キャリア向けに自動変換
  • ホスティング環境として Google App Engine も利用可能(当然それ以外もOK)

下の画像を見てもらえれば、仕組みはイメージしてもらえると思いますが、携帯電話なので JavaScript が使えません。そこで、サードパーティ側から受け取った XML を gumi Platform 側で一枚の HTML にレンダリングして携帯電話に返すような構成になっています。

詳しくは、 Google Code にドキュメントがあるのでそちらを参照してください。

» gumi - Google Code

gumi Platformのリリースと前後して、2つほど検定/占い系のアプリも公開したのですが、一気にアクセスが来て大変な事になりました。やはりまだまだ世間はケータイなんだと実感しました。私も発売日に iPhone を手に入れたくちなのですが、使い勝手や安定性の点からいうと日本の携帯電話に一日の長がある感じがします。今は少し落ち着いたのですが、 Google App Engine のコンソールで見るとこんな感じです。

実際にソーシャルなアプリケーションを作ろうとすると、 OAuth の部分とかがかなり面倒くさいです。そこで、 Python 用には自動で OAuth 認証をして gumi API にアクセスするようなヘルパーライブラリを用意しています。他の言語用にも同様のライブラリも用意したいのですが、諸般の事情により今はそこまで手が回りません。

一番欲しいのはPHP用のライブラリなのですが。うーん、誰か作ってくれないかな…


4 Comments so far »

  1.  

    kunit said

    on 2008-08-22 6:37 a.m.

    PHPのOAuthのいいライブラリって本当にないですよね。
    調べていていらいらしたので、いつかは作っちゃう気がします・・・

  2.  

    weboo said

    on 2008-08-23 1:44 a.m.

    PHPのOAuthライブラリは下記にあるようなのですが、これはいまいちでしたか?

    http://code.google.com/p/oauth/

    もっと良いライブラリができたら、公開していただけると助かります。ぜひ使わせてもらいます。

  3.  

    イアンルイス said

    on 2008-08-29 3:51 a.m.

    山下さんはもう作っちゃってるかもしれないですけど、google codeに載ってるpythonライブラリーのPHP版を簡単に作ろうとしました。

    http://www.ianlewis.org/hg/gumiphp/fi...

    やっぱりOAuthのconsumer keyがないとうまくUPDATEができないのですけど、あれば、動くはずです。

    。。。consumer key発行してくれるのかな。一応info@gu3.jpにメールしてみました。

  4.  

    weboo said

    on 2008-08-29 10:33 a.m.

    おー、イアンさん!

    ありがとうございます。
    Consumer Keyは、メールで連絡が行くと思いますので、しばしお待ちを。


このエントリーのはてなブックマーク (-)