読書メモ『東京どこに住む?住所格差と人生格差』速水健朗

完全にタイトルに釣られて購入した本。内容に関しては、書かれていることを全て鵜呑みにするのではなく、こういう意見もあるのだなくらいに受け取っておくのがよいと思うが、住む場所というのは人生を左右するとても重要な問題であり、大変興味深く読ませてもらった。

東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)
速水健朗
朝日新聞出版 (2016-05-13)
売り上げランキング: 977

「西高東低」から「都心回帰」へ

東京で人気があるのは西側で、東側よりも西側の方が家賃相場が高いのが定説。戦後の持ち家政策によって東急線や中央線沿線に作られた郊外のニュータウン団地が人気だったため。しかし、最近は「西高東低」から「都心回帰」の動きが出てきている。

これは完全にそうだと思う。東京の郊外は既に広範囲に開発されてしまっていて、今から新築一戸建てを購入しようと思っても、都心から遠く離れた駅だったり、さらに駅までも徒歩数分とは言えないような場所になってしまう。また、これから確実に人口が減少していく中で、郊外の土地価格は下落することが予想される。それだったら、たとえ狭くて庭がなくても都心のマンションを購入した方が便利だし、資産価値も下がりにくいのではないかという考えは理にかなっている。

なぜ世界的に大都市に人口が集中しているのか

大都市部への一極集中は日本のみならず、世界中で同時に進行している。経済学者のロバート・ルーカスは、「他人の近くにいること」に対して金を払っている人達と指摘する。
同じく経済学者のティム・ハーフォードは、「他人の近くにいること」で得られる効用は「頭が良くなること」であると指摘する。なぜ、頭が良くなるのか。それは、人は近くにいると「お互いに学びあう」からだという。

優秀な人が都市に集まるからではなく、都市に住むと人は「頭が良くなる」から生産性が高くなるらしい。これに関しては、インターネットの発達により都市でなくても知的な生活は可能であり、そうとも言えなくなってきているのではないかと思った。

移動する能力の有無によって人生の可能性が大きく左右される時代

完全に同意。職業は何であれ、うまくいっている都市に移住すれば経済的恩恵を被ることができるとのこと。ITエンジニアはシリコンバレーに行けば新卒でも年収1000万円以上だ。シリコンバレーだからといって仕事の内容は大きく変わらない。ただし、その分だけ物価も高いわけだけど。

シリコンバレー(最近はサンフランシスコ)に限らず、地方から東京に出てくるだけで世界はガラっと変わる。自分もある時期に地方配属の仕事を辞めて東京に出てきたわけだが、東京では勉強会が頻繁に開催され、優秀な人が集まっていて刺激を受けたのを覚えている。

本書に記されている調査によると、日本人の生涯移動回数は平均4〜5回とアメリカの4分の1らしい。大企業がいとも簡単に傾いたり、日本の先行きも不透明な変化の大きい時代において、一つの土地に縛られるというのはチャンスを逃すことに繋がる。

先日、こんな興味深い記事もあったので、ここに紹介しておく。
日本人が「移動」しなくなっているのはナゼ? 地方で不気味な「格差」が拡大中 大都市と地方の、幸福と不幸 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

「最近、恵比寿行かない」という30,40代の女性が増えている

そりゃそうだ。30,40代にもなると友人達も家庭を持ちはじめ、小さな子供がいる場合はお互いの家の近くで会う方が効率的だ。合コン等も目に見えて少なくなるので飲食店しかない恵比寿に行く用事はほとんどなくなる。著者とほぼ同世代である僕も、最近は近場で居心地のいいお店に行くことが多い。
これをもって恵比寿は終わった、今は墨田のバルがトレンディー(死語)だというのには無理がある。広く20代女性の意見も聞いてみるべきだと思う。

個人店もあってチェーン店もある街が住みやすい説

チェーン店の持つ自分が誰か問われない「匿名性」と、個人店の持つ地元に「根付いて暮らす」感覚、この両者を併せ持った場所が、今時の住みたい場所の理想型ではないだろうか。

これもよく分かる。人は生活していく上で、無意識のうちに複数の顔を使い分けている。職場の顔、家庭の顔、趣味の仲間うちでの顔といった具合に。何処で聞いたのか忘れてしまったが、複数の群れに同時に所属するというのは野生の動物にはできず、これが他の動物とは違う人間たる所以らしい。
SNSが流行っては廃れていくのは、ここに問題があるからだと思う。現状のSNSでは、複数の顔を使い分けることができない。特定のSNSがある程度流行ってユーザ数が増えてくると、同僚、家族、旧友などが一緒くたになるので、急に居心地が悪くなってしまう。アメリカの若者がFacebookを避けて、Snapchatに行くのも分かる気がする。誰だって自分の投稿を親には見られたくないものね。さらに親が空気を読まずにコメントなどしてきた日には…
ちょっと話がそれたけど、ガチガチの村社会ではなく、ある程度の匿名性があると居心地が良いというのはよく分かる。

「コンピュータの発達によって、人は都市に住まなくなる」というアルビン・トフラーの予言は外れた

予想が外れたと著者は言い切っているが、これはこれから起こることだと思う。リモートワークのインフラはまだまだ進化している途中である。前述の「人は都市に住むことによって頭が良くなる」がインターネット上で仮想的に実現できれば、ちょっと郊外で今より余裕のある生活をすることが可能になるはずである。
この”ちょっと郊外”というのがポイントで、全米で最も住みやすい都会の例としてポートランドが挙げられているが、ポートランドは適度な大きさのコンパクトシティなんだそうである。日本も東京一極集中が解消され、人口減少により30万人規模の地方都市が注目される時代がこれから来るかもしれない。個人的にも将来的に様々な問題が解消されたら、もっと自然が多い土地に住みたいと思っている。うちの妻はあまり乗り気ではないけれども…

 

ちなみに、僕は社会人になってから10回ほど引っ越しをしている(今数えてみた)。それぞれ思い返してみると、職場までの距離と住居自体の使い勝手が満足度の大部分を占めているような気がする。職場まで自転車や徒歩圏内にも住んでみたが、不思議なことに単純に近ければよいというわけでもなく、電車で数駅のほうが逆に住みやすいことが多かった。どこに住むのが幸せかについては、個々人によるパラメータが多すぎて一様にこれが正解と言えるようなものではないので、自分で考えるかもしくは家族で話し合う必要があるように思う。ただ一つ言えるのは、若いうちはいろいろな場所に住んで自分の肌で感じてみるのがよいということだ。

というわけで、さらっと読めていろいろなことを考えさせられるので、この本はお勧めです。

読書メモ『強いチームはオフィスを捨てる』

1年以上前に買った本だが、再度読み返してみたのでブログに書いておこうと思う。

同じ本でも読んだ時期によって得られる知見が違ったり、異なる感想を持ったりするもの。なので、僕は一度読んでつまらなかった本はすぐにブックオフか資源ごみに出してしまうのですが、それなりに面白かった本は手元に置いておいてたまに読み返したりしている。これはその数少ない手元に残しておいた本。

Ruby on Railsの開発元として有名な 37 Signals の二人が書いた本で、この会社が実践しているリモートワークについて全編を通して説明している。リモートワークを実践することによって得られるメリットは、おおよそ以下の通り。

  • 会社にいると必ず邪魔が入るので集中できないが、非同期のやり取りが中心になるので集中する時間が取れるようになる。
  • 通勤は人生の無駄遣いである。
  • 9時5時で働く必要はないので時間を自由に使える。
  • メンバーが自律的に仕事をすることで、純粋に成果だけで評価できるようになる。その結果、マネージメントコストが減る。

また、リモートワークを採用した際に起こるであろう注意点とその解決策として、以下を挙げている。

  • 気付かないうちに孤独に陥っていることがあるので、コワーキングスペースやコミュニティ活動など意識的に外に出たほうがよい。
  • 運動不足になりがちなので、浮いた通勤時間で運動したり、散歩したりするようにしよう。
  • 時間制限がないので逆に働き過ぎに注意する。
  • 仕事とプライベートで部屋やPCなど環境を分けて気分を切り替えるようにする。

実はうちの会社でも前に「週1ノマドDAY」という制度を作って試してみたのだけれど、目に見えてGitのコミット量が減ってしまって制度を廃止したことがある。原因については、いろいろと考えてみたのだが、日本(特に東京)の住宅環境だと仕事用の部屋を用意するのが難しく、気持ちの切り替えができないということが一つ。また当時はコワーキングスペースが少なかったので、自宅以外で集中できる場所を確保できないというのがもう一つの原因なのではないかという結論になった。自分の経験と照らし合わせてみても、やっぱりスタバなどのカフェで1日中集中して仕事をするのって難しくて、せいぜい1〜2時間が限度なんじゃないかと思う。

現状だとコワーキングスペースは都内の交通の便がいい所に多いが、地方や郊外にリモートワーカー用の場所があったりするといいのかもしれない。これから少子化がますます進むので教室や学校が余ってくるので、その学校を利用してそのようなスペースを作るのは面白いアイデアなのではないかと思う。

ちょっと話がそれたが、リモートワークに興味がある人にはおすすめの本。

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン
早川書房
売り上げランキング: 8,600

読書メモ『DESIGN OFFICE - こんなオフィスで働きたい』

こないだ買った本。RealDesignという雑誌の記事をまとめたムックです。最近いろいろと話題の佐藤可士和さんのオフィスとかお洒落なオフィスが写真付きでいっぱい載っていて、とても参考になります。といっても、自分がこんなオフィスを構えられるはずがないので、机周りのレイアウトとかを参考にしています。

「紙とペン、そしてオレの頭があればいい。」

日本だけでなく、海外のお洒落なオフィスも紹介されているのですが、気に入ったのはスウェーデンのプロダクトデザイナーの方のこの言葉。

なにかを作り上げるときに重要なのは、間違いなく仕事場の環境だ。 才能溢れるクリエイターたちは、その事実をよく知っている。
そんなクリエイターたちの「ワークスペース」を、あますことなく紹介しよう。 それぞれにこだわりのある空間やアイテムは、「いい仕事」のために欠かせないものだ。

でも、やっぱりいつかこんなオフィスで働きたいなぁ

読書メモ『効率が10倍アップする新・知的生産術』 勝間和代

書店で手にとって面白そうだったので購入。スタバで、一気に読んでしまいました。
最初のカラー見開きページがいきなりガジェットだらけなので、キワモノ系の印象を受けてしまいますが、中身はいたってまともです。著者の勝間和代さんは、最年少で公認会計士試験に合格したり、ウォール・ストリート・ジャーナルで「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれたり、アーサー・アンダーセン、JPモルガン、マッキンゼーを渡り歩いたりといった凄い人です。
この本を読んで分かったことは、やはりスーパーウーマンでも常に試行錯誤をし続けて、常に最良の方法を追い求めているということ。そのための手段として、本を読むことは重要で他人の成功体験をうまく取り入れる必要があるということ。

  • 資本主義の本質は「賢くない人から賢い人へお金が移動する仕組み」
  • ほとんどの人は情報洪水と呼べるほど情報を浴びてない
  • Gmailをプライベートな補助脳として活用する(超整理法
  • 会話でもフレームワークが重要
  • 自分のやり方を絶えずベンチマーク
  • 得意なことに集中すること
  • 情報収集テーマを5つくらい決めておく
  • テレビは極力見るな。自分の五感から入ってくる情報を大切にする。
  • 情報は一定量を集めると質に転換する
  • 次の3段階を網羅すること(1)簡単なものほど伝わりやすい(2)必要な時にはいつでも深い情報に入れるように(3)全体像がいつでもわかるように
  • 集中力を高めるには、体力も大事。週2回の筋トレと毎日の有酸素運動が効率を上げる
  • 睡眠は自分への投資 ー 毎日6時間以上寝る。寝ている間に脳内で整理される。
  • 五感を使うこと。精神的な落ち着きと健康な体が必要
  • 良書は10冊に1冊あるかないかで、文庫やソフトカバーよりもハードカバーや専門書に多い。(ちなみに著者は書籍代が15万円/月)
  • フォトリーディングによる速読技術を習得する
  • 読み終わった本は、ブックオフか図書館に寄付
  • 成果は「知識×実行割合×定着率」で決まる
  • コミュニケーション中毒にならないようにする

あと、なるほどと思ったのが、本が現時点で一番効率の良い情報収集手段だということ。たいていの著者は儲けというより、自己実現のために書いている。何十年もかけて培った情報が数千円で手に入るのは安い。確かになと思います。これからは、気になった本はとりあえず買っておこう。

# 後で気づいたんですが、Amazonでもランキング1位になっていますね。

読書メモ『仕事力』

仕事力
朝日新聞広告局
朝日新聞社
売り上げランキング: 256,764

大前研一、安藤忠雄、村上隆ら15人の著名人が様々な角度から「仕事」について語っている。『朝日新聞』広告企画「朝日求人」掲載を単行本化したそう。以下、印象に残った部分のみメモ。

安藤 忠雄 (建築家)

  • 大学に行けなかったので、朝9時から次の日の朝4時まで勉強した
  • 「青春というのは暦上の年齢ではなく、60歳でも70歳でも、目標をもって生きている時を指すのだ」
  • 良い仕事をするぞ、責任ある仕事をするぞと決心をして、本気で前を行くリーダーにこそ人はついてくる

朝倉 摂 (舞台美術家/画家)

  • 思いもよらない才能に出会ったときに、さすがと膝を打つことができなくてはならない
  • 世の中は合理的で、効率的な方向に向かっている
    ただ、人生にも持ち込んだ方がいいと勘違いするから、人は生きていくのが苦しくなる
  • 15か16の頃には,自分が眠っている間にも地球の反対側ではピカソが絵を描いていると思うと、いてもたってもいられなくなって寝ないで描いていた
  • チャンスは互いに求め合う力
     → いい脚本はいい役者を求め、いい舞台芸術家を求める

福原 義春 (資生堂名誉会長)

  • こだわりを持つ人は、他の新しいやわらかい考え方を受け入れられない
     → 新鮮な知識や情報が入ってこなくなって、結局立ち枯れていく
  • 「精神主義と規律主義は、むのうしゃにとっての絶好の隠れみのである」
  • 仕事以外の趣味を持っていない人は、袋小路にはまる
  • サクセスフル エイジング(美しく年を重ねる)
  • 仕事の先にある社会に思いを馳せることは、結局、あなたを支えることになる
  • そういう視点で、今日の仕事に取り組むとまず隣席の同僚に伝わり、やがて部内も変わる

大前 研一 (経営コンサルタント/経済評論家)

  • 転職を決めても1年待て
  • 辞める覚悟で提案しろ
  • 転職時には外部の視点で提案事項を考える
  • 転職後3ヶ月間以内に提案事項を文章として残す
  • 米国では、1980年代の不景気時にMBA取得者が激増した
     → そこが現在の強さにつながっている
  • 水に落ちたら、底まで沈んでから地面を蹴れば浮上する

読書メモ『頭がいい人、悪い人の仕事術』ブライアン・トレーシー

頭がいい人、悪い人の仕事術
ブライアン トレーシー
アスコム
売り上げランキング: 349,517

原題は「Time Power」というブライアン・トレーシーが書いた本の日本語訳。時間をどうやって有効に使うかというタイムマネジメントについて書かれていて、いい本だと思う。日本語版のタイトルに騙されてはいけない。

  • 時間節約の最高のツールはゴミ箱 - どんどん捨てる!
  • 前の晩に準備する、1日のスタートを早くする
  • 上位20%の活動が、80%の価値を生み出す
  • {A-E}のリストをつける
      A しなければならない
      B やるべき
      C したほうがいい
      D 委任(delegate)
      E 除外(eliminate)
  • 自分の才能と能力を、その時点で最高の報酬をもたらすところに集中させる。
  • 高い成果が期待できる分野を選ぶ。得意なことに取り組む
  • クジラを釣ろう
  • リーダーとして成功の95%は、人材を選ぶ能力で決まる
  • リーダーは、仕事を分け与え仕事への愛着を植え付けなければならない
  • 共通のビジョンをつくろう
  • "あなたの手を経るものすべてに最善をつくすことを信条にしよう。それにあなたらしさを刻み込もう"
  • "成功とは、散らばっているその人の力をひとつの強力な道筋に転換させるプロセスだ。" ジェームズ・アレン
  • "あなたにできること、できると夢見ることを何でも始めなさい。その大胆さは、才能であり、力であり、魔法である。" ゲーテ
  • "人を感動させる以前に、あなた自身が感動にひたることだ。人に涙を流させる以前に、あなた自身が泣くことだ。人に信用して欲しければ、まず自分をを信じることだ。"
  • "アメリカはユニークな国だ。国民に出世のための階段を用意している。驚くことに込み合っているのは下段で、上段には余裕がある。" ジム・ローン

関連リンク:
今日は趣向を変えて、ブライアン・トレーシー『頭がいい人、悪い人の仕事術』
頭がいい人,悪い人の仕事術 - 脱・下流エンジニア (仮)
頭がいい人、悪い人の仕事術 - アウトプットするぞ!

読書メモ『シリコンバレー精神』梅田望夫

JTPAシリコンバレーツアーに参加したり、先日の刊行記念対談イベントのお手伝いなんかもしている同僚のnaoyaくんに借りて読んだ。
梅田さんの肌で感じたシリコンバレーの雰囲気がよく伝わってきて、非常に面白かった。以下、印象に残った部分をメモ。


  • 才能を発掘するメカニズム、プロスポーツ化が進行中
  • 下請け受託型の企業は、ベンチャーではない
  • IT化とIT革命は違う 本当のIT革命はこれから
  • 戦争するよりも戦争をしている連中に武器を売る事業のほうが絶対確実
     → 儲かっている会社を相手にした商売のこと
  • プログラムを書いているだけで幸せな人種、ナード(ギーク)を搾取しないのがシリコンバレー
  • 価値を生み出すのは会社ではなく個人、個人としてのストーリーが重要
  • 目先の小金にこだわって働きすぎるな 身体を壊したら元も子もない
  • 40過ぎたら仕事のポートフォリオを考える(リスクヘッジ)
  • Muddle throughの状態を楽しむことができるか
  • The only way to do great work is to love what you do.
  • Web3.0を目指す若者を支援するのがシリコンバレー精神
  • 仮の成功と本当の成功 (IPOやバイアウト)
  • 「自分のことを何かの理由で大切に思ってくれる人」がどれだけいるかが重要

読書メモ『ハッカーと画家』ポール・グレアム

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム
オーム社
売り上げランキング: 25,938

ポール・グレアムの『ハッカーと画家』を読みました。実は、邦訳が出たばかりの頃に書店で一度手に取っていたのですが、他の本を買って「また今度」と棚に戻してしまった記憶があります。川井さんのサイトで拾い読みしてはいたのですが、あー、もっと早く読んでおけば良かったと後悔。でも、本というのは、その人が欲しているタイミングになって初めて出会えるもの。たぶん、人と人との出会いもまた然り。


前置きが長くなりましたが、本の内容はというと、僕がここ最近ずっと考えていたことが書かれていました。
  • 最良のイントラネットは、インターネットだ。
  • 信頼できる、良いプログラマからなる小さなチームでのほうが、大企業での平凡なプログラマからなるチームよりもうまくいく。
  • 良いハッカーになる鍵は、たぶん、自分がやりたいことをやることだ。
  • 人材募集がいかにもITといった匂いを漂わせていればいるほど、その企業は脅威ではない。一番安全なのはOracleの経験者を募集しているところだ。また、JavaやC++プログラマを募集しているところも安全だ。もしPerlやPythonプログラマを募集していたら、ちょっと気を付けたほうがいい。その企業の、少なくとも技術部門は本物のハッカーがやっている可能性が高いからだ。
  • 難しいのは問題を解くことではなく、どの問題を解くかを決めることだ。

Life is very short, and there’s no time, for...

読書メモ『タレント魂。』トム・ピーターズ

トム・ピーターズの『タレント魂。』を読みました。
「DISTINCT OR EXTINCT (差をつけろ、でなければ絶滅だ)」という特徴的なフレーズとともに、個々人がタレントを発揮してブランド人になる必要性を説いています。タレント魂とは、「自分の才能を見極め、極限まで高め、仲間を作り、シナジーを産み出しながらイノベーションを起こしていくこと」だそうです。普段からもやもやと考えていたことが書かれていて、個人的にかなり痛快な内容でした。

・今のホワイトカラーの仕事の9割は、15年以内になくなる
・コンピュータと発展途上国へのアウトソーシングに取られてしまう
・終身雇用は終わった
  → アメリカ最大の雇用主はGMでもAT&Tでもなく、人材エージェント会社
    3100万から5500万のアメリカ人が有期雇用者
・あなたは、ボク株式会社のCEO
・過去と現在
  無個性な歯車 → ブランド人になれ!
  よりどころにする集団 = 企業 → 自分の同業仲間
  “規則”に従う → 新しい規則を作る
  オフィスの奴隷 → フリーエージェント
  無難にこなす → 過ちにも大胆

現在、確実に社会構造が変わりつつあります。かつて農業から工業へ産業の中心が移ったようなことが、今まさに起こっています。Web2.0に代表されるようなインターネットの変化とその影響を肌で感じられるのは、とても刺激的な時代に生まれたなと思います。この変化をチャンスと捉えられるかどうかが、きっと重要なポイントになるでしょう。

38.5歳以下の人は、たいてい新しい時代まで待ちきれない

えぇ、まったくその通り。待ちきれないですとも。でも、待っていてもしょうがないので、トムの言う通りバンジージャンプ(一歩を踏み出す勇気)が必要かも。

読書メモ『「超」整理法』野口悠紀雄

最近、「超」整理法を読みました。この本、いつの間にか自分の本棚に並んでいました。たぶん前に自分で買ったのだと思うのですが、いつ買ったのか覚えてないし、今までに読んだ記憶もありません。うーん、まったく整理ができていない証拠ですね。「超」整理法は、こんな私にピッタリの内容でした。出版されたのは1993年と10年以上前ですが、現在でも十分通用する内容だと思いました。
基本的に“情報は時間順に管理せよ”ということが述べられているのですが、私の印象に残ったのは以下の事柄です。

・ポケット1つ原則
人間の記憶は、場所については弱い。すべての情報は1箇所にまとめるべきである。ここを探せば必ずみつかる、他を探す必要はない状態にしなければならない。

・インキュベイターの重要性
「アイデアを産み出すためには、理想的なインキュベイター(孵卵器)を身近にもつこと」が重要。知的な人々を周りに持ち、さまざまな問題を話し合う。そこでの刺激から新しいアイデアが産まれてくる。

・まず始めること、潜在意識下で考えること
ニュートン以前にも、りんごが木から落ちるのを見た人はいくらでもいるが、なぜニュートンは万有引力に思い至ったのか。それは既に万有引力概念の一歩手前まで来ていたから、常にその問題について考えていたからなのではないか。アイデアは何もないところに突然現れるのではなく、潜在意識下での思考が何かのきっかけで顕在化する。


これらのことは、私も経験したことがあります。保存場所を複数にしていて探すのに苦労したことも、ずっと答えが出なくて悩んでいて、歯を磨いている最中にふと良いアイデアが浮かんだことも。そして、他の人に問題の説明をしているうちに、自分で解決方法が出てきたことも。
押し出しファイリング(The Noguchi Filing System)も実際に試してみようと思います。


話は変わって、私のメモ方法ですが、紙のA5方眼ノートにひたすらメモを取っていて、後でZaurus上のhowmにまとめています。このA5ノートは3年くらい前から使っています。やっぱり紙と電子機器との長所を活かしたバランスが大切だと思っているのですが、この辺はまたの機会に書くことにします。