iTerm2 を Visor のように使う方法

Visorと聞いて、お!と思った人もいるかと思いますが、Palm の名機 Handspring Visor の話ではありません。

かつて Mac OS Xのターミナル用プラグインとして Visor というのがありました(今もあると思います)。Visor は、画面上部を覆うようにしていつでもターミナルを呼び出せるようにしてくれる便利なソフトウェアでした。あの QuickSilver と同じ人が作ってたらしいです。iTerm2が便利なので自分は使っていなかったのですが、iTerm2でも同様の設定ができることに最近気づきました。

設定方法は簡単です。

1. Profiles の Window -> Style を"Top of Screen"、Space を "All Spaces"に変更します。また、Setting for New Windows -> Rows が表示されるウィンドウの高さになります。

2. Keys にて Hotkey をお好きなものに設定します。僕はF1キーに割り当てています。

これでF1キーを押せばいつでもどこにいてもターミナル画面が最初のスクリーンショットのように表示されるようになります。便利。



このエントリーのはてなブックマーク (-)