読書メモ『仕事力』

仕事力
朝日新聞広告局
朝日新聞社
売り上げランキング: 256,764

大前研一、安藤忠雄、村上隆ら15人の著名人が様々な角度から「仕事」について語っている。『朝日新聞』広告企画「朝日求人」掲載を単行本化したそう。以下、印象に残った部分のみメモ。

安藤 忠雄 (建築家)

  • 大学に行けなかったので、朝9時から次の日の朝4時まで勉強した
  • 「青春というのは暦上の年齢ではなく、60歳でも70歳でも、目標をもって生きている時を指すのだ」
  • 良い仕事をするぞ、責任ある仕事をするぞと決心をして、本気で前を行くリーダーにこそ人はついてくる

朝倉 摂 (舞台美術家/画家)

  • 思いもよらない才能に出会ったときに、さすがと膝を打つことができなくてはならない
  • 世の中は合理的で、効率的な方向に向かっている
    ただ、人生にも持ち込んだ方がいいと勘違いするから、人は生きていくのが苦しくなる
  • 15か16の頃には,自分が眠っている間にも地球の反対側ではピカソが絵を描いていると思うと、いてもたってもいられなくなって寝ないで描いていた
  • チャンスは互いに求め合う力
     → いい脚本はいい役者を求め、いい舞台芸術家を求める

福原 義春 (資生堂名誉会長)

  • こだわりを持つ人は、他の新しいやわらかい考え方を受け入れられない
     → 新鮮な知識や情報が入ってこなくなって、結局立ち枯れていく
  • 「精神主義と規律主義は、むのうしゃにとっての絶好の隠れみのである」
  • 仕事以外の趣味を持っていない人は、袋小路にはまる
  • サクセスフル エイジング(美しく年を重ねる)
  • 仕事の先にある社会に思いを馳せることは、結局、あなたを支えることになる
  • そういう視点で、今日の仕事に取り組むとまず隣席の同僚に伝わり、やがて部内も変わる

大前 研一 (経営コンサルタント/経済評論家)

  • 転職を決めても1年待て
  • 辞める覚悟で提案しろ
  • 転職時には外部の視点で提案事項を考える
  • 転職後3ヶ月間以内に提案事項を文章として残す
  • 米国では、1980年代の不景気時にMBA取得者が激増した
     → そこが現在の強さにつながっている
  • 水に落ちたら、底まで沈んでから地面を蹴れば浮上する


このエントリーのはてなブックマーク (-)